皆が帰り始める頃、酔った勢いに任せた調子で冗談交じりにある男のクソみたいな人生を語り始めたならそれが僕。集団から遅れ遠巻きに眺め誰か振り向いてくれないかと期待している子がいたならそれも僕。

広告を非表示にする