ブレーキの使い方を教わらずに育った女子高生が自転車を投げ捨てるように降りる。その自転車が僕に当たるのだ。

広告を非表示にする