サボテンを知らずに育った女子高生が毎日水を遣り腐らせてしまう。悲しみに暮れた彼女を元気付けようと僕は針のひとつひとつを丁寧に抜き取り土に植えるのだ。

広告を非表示にする