シュークリームに憧れた少女がちくわの穴にクリームを詰めるだろう。嬉しそうに食べる彼女を余所にクリームは容赦なく反対側から垂れていく。それが僕に当たるのだ。

広告を非表示にする