読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当に助かりましたとサバ缶を差し出した真柄さん。呆気に取られて断るタイミングを逃してしまい、それ以降必ずサバ缶を準備して待っている。ちょろっと醤油を垂らしてから焼くと酒の肴に最高らしい。

広告を非表示にする